高橋元太郎 経歴

トップへ戻る
経歴

1941年1月15日生。東京出身
小学生時代に 上高田小学校の少年合唱団(のちのアニメソングで有名な上高田少年合唱団)に参加。

都立松原高校卒業後 証券会社に就職し約1年で退社。ジャズ喫茶「銀座テネシー」のオーディションで合格しウエスタンバンド「ワゴンスターズ」の専属となった後 長沢純・ 高倉一志 とともに「スリーファンキーズ」のメンバーとして1960年にデビュー。デビュー曲は 『でさのよツイスト』(東芝レコード)。
NTV「シャボン玉ホリデー」「夢で逢いましょう」等、多くの歌謡番組に多数出演し 1962年にソロ歌手として独立。代表曲は『ぼく(「駅前飯店」挿入歌)』『ダニーボーイ』『太陽は燃えている』等。

その後 俳優としても活動、大映・東宝のヒット映画をはじめ、多くのテレビドラマ番組に出演し 1969年放送のTBS「水戸黄門」第2部から『うっかり八兵衛』でレギュラー出演を開始。食いしん坊でひょうきんなキャラクターを演じ 以後2000年の第28部まで31年間、ほとんど休まずに出演。歴代のレギュラー出演者では最多の868話に出演し ナショナル劇場での総出演本数は1300話を超える。

歌手活動では、テレビアニメ『マッハGoGoGo』の主題歌カバーや特撮ドラマ『兄弟拳バイクロッサー』の主題歌、大阪近鉄バファローズの球団公式ソング「近鉄バファローズの歌」「炎えろ!近鉄バファローズ」なども歌った。
海外ドラマ「ザ・モンキーズ」デイビー役の吹き替えや海外アニメ「大魔王シャザーン」ナレーター吹き替えも担当。

現在は 俳優を中心としたタレントとして活動や 講演活動(「水戸黄門」でのエピソード話や自身のライフスタイル、俳優としての生き方や長年にわたる単身赴任生活と家族とのふれあい等を軸に講演)、ボランティアへの理解を深めてもらうための活動を続けている。

また私生活での趣味が高じて 数年前から岡山県備前市の「夕立受窯」に通い備前焼の作陶を始める。01年から百貨店等にて陶芸個展も開催。

▲ページTOPへ